プロフィール

rororora

Author:rororora
ロロ (33) & ローラ (31) です☆
2010年3月、念願の世界一周ハネムーンから無事帰国、2011年6月に赤ちゃんが生まれました♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最悪の航空会社!フィンランドエアー

ロロ&ロラです★私たちのブログに遊びに来て頂き、ありがとうございます

私たちは、積極的にランキングに参加しています
こちらのマークを にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 『ポチッ』 と、クリック頂けると幸いです★

にほんブログ村★世界一周ランキング へ移動し、ランキングが上ります

カフェ
ミュージアムのカフェまだ3時なのに外は真っ暗です。

こんにちは。ローラです。

今回は、フィンランドエアラインでの一連の事件?について。

長くなりますが、書かずにはふたりの怒りが収まらなかったので・・・すみません。。
あまり面白い話ではないので、読み飛ばしていただいても結構です。



今回、北欧での滞在は短かったため、
世界一周チケットの他に、現地でフライトを購入し
ストックホルムからロヴァニエミ(フィンランドのオーロラが見れる場所)の往復を
フィンランドエアラインという航空会社を利用することにした私たちでしたが・・・
かつてない被害だらけのフライトになってしまい
心身ともにちょっと疲れてしまいました。

(フィンランドエアラインは日本で言う『日本航空』のような存在です。)



日付を追って出来事を確認していくと・・・

12月22日

スウェーデン・ストックホルムからフィンランドの首都ヘルシンキを経由し
ロヴァニエミへ向う予定でしたが
ストックホルムの空港で3時間程飛行機が遅れたため
私たちがヘルシンキに着いたときにはもう乗り継ぎのフライトがなくなっていました。

仕方なく、次の日のフライトと今夜のホテルをアレンジしてもらうため
到着ロビーのカウンターに向うと、そこには長蛇の列が。
どうやらこの日飛ぶはずだった飛行機のほとんどがキャンセルされたらしく
たくさんの人が空港に溢れていました。

一時間半ほど並んで、やっとホテルと翌朝のフライトを手配してもらったものの
預けた荷物に関しては
『今夜中に飛行機に積みなおして、明日ロヴァニエミの空港で受け取りいただきます。』
とのこと。
このときは既に夜中12時を回っていて、
はやく疲れた身体を休ませたかったので、
とにかく用意されたホテルにバスで向かうことに。

すでにホテル内のレストランも閉まっていて
一緒に空港から来た男性は『フィンランドエアーは夕食も出すと約束したのに!』と
憤慨していたけれど、どうすることもできず。。。
私たちは、朝も早いので夕食は諦めて寝ようとしたものの、
部屋に歯ブラシがなかったので、フロントに電話をすると
『今日はフライトキャンセルで沢山の人がきたから、
もう歯ブラシはないのです。』という。
512室という、フィンランドでは最大客室数を誇る高級ホテルなのに
この日は私たちの後にもひっきりなしに空港からお客が運ばれてきて
2人しかいないフロントは手一杯だった様子。
ちょっとストックホルムとの差を感じるヘルシンキの夜。。

翌朝は5時50分のバスに乗らないと間に合わなかったので、
6時半からの朝食は諦めてホテルを後にし空港へ向うと
チェックインカウンターは、また長蛇の列で、かなり並び、
荷物が心配だったので、チェックイン時と搭乗時に荷物の半券を提示し確認。
どちらでもフィンランドエアーの係員が
『あなたたちの荷物は大丈夫』というので一安心して搭乗した。

しかし、
ロヴァニエミに着き、いざ荷物を受け取る段階になったのに
一向に私たちの荷物が出てこない。
その代わりに引き取り手のない荷物がかなりの数、取り残されていた。

仕方なく、ロストバゲージの手続きをする。
他にも何人か荷物の届かない人がいて、
ここでもカウンターには列ができた。
この日、私たちが乗ってきた飛行機以外に、
ヘルシンキからあと2便飛んでくるというので
宿泊予定のホテルの住所に届けてもらうようにお願いし空港を後にした。

ホテルに着くと、昨日突然予約をキャンセルしてしまったのに
優しい女性のオーナーが温かく迎えてくれ、
すぐにお部屋も準備してチェックインさせてくれた。
彼女に荷物のことを伝えると
昨日来たお客も同じくまだ荷物が届かないと言って
とても心配してくれた。

この日は、「荷物もないし、疲れたから、ちょっとゆっくりしようね」と
近くのスーパーとレストランにだけ出掛け
夜まで荷物を待ったが、結局届かなかった。



12月23日

待っているだけでも仕方ないので
サンタクロース村に行って夕方戻ると、ロロの荷物だけが届いていて
私の分はなく、とてもがっかりした。
シャンプーなど共有して使っているものも私の荷物に入っていたので
また不自由だった。

ホテルのオーナーさんの話によると、
空港に電話をしてみても返事がなく、800個の荷物が行方不明で
今ラップランド中のホテルを車で回って届けている最中なので
空港に行っても受け取れないだろうとのこと。

おまけにヘルシンキでは1,000個の荷物が置き去りにされていて
一つ一つ探している人もいるらしい。

私たちはオーロラをみるために、
もう少し北の町へと移動することも考えていたものの
荷物が届かなくては困るので、このままロヴァニエミに滞在することにした。


12月24日

泊まっていたホテルが満室で予約できず、
ロヴァニエミ内でホテルを移動。
オーナーさんにもし荷物が届いたら、次のホテルに届けてもらうことをお願いして
チェックアウトする。
念のため、一旦空港に向った。
クリスマスということで、この日のフライトはたったの一便。
空港に着くと、既にほとんど人影はなく、
係員がまた、引き取り手のない荷物の整理をしていた。
見せてもらうと、私のキャリーケースがあったので尋ねると
今のフライトで飛んできたという。

どうして3日もかかったのか、意味がわからなかったけれど
ここまでのタクシー代も、ロロの壊れていたキャリーケースのことも
どうしてくれるのか確認したくても
『今、フィンランドエアーのオフィスは閉まっている。』の一言だった。


12月26日

そして今日、ロヴァニエミからまた同じルートでストックホルムに帰る便は
18時5分、ロヴァニエミを出発する予定だったのがまた一時間遅れた。

ヘルシンキに着くとすぐにストックホルム行きの便へ搭乗するように言われ
搭乗口に向ったが、
「このままではまた荷物が届かないかもしれない」と思ったので
搭乗口にいる係員に確認すると、彼女の口からは信じられない言葉が出てきた。

『あなたたちの荷物の積み込みが完了するかはわかりません。
前の飛行機には200個の荷物が乗っているし、
それを降ろして探してまた乗せられるかどうか、わかりませんから。
でも、ここで乗らなければ、チケットを買いなおしていただくことになりますが
どうしますか?
あなたたちが決めることなので、私たちは責任を負いかねます。』

ロロが猛抗議して怒っても、何処吹く風。

聞けば次のストックホルム行きの便は明日の朝9時半だという。
私たちはこのままストックホルムから朝9時の便でブダペストに飛ぶ予定で
その後にストックホルムに荷物がついても受け取れない、と言っても

『では結局、今飛ばなければストックホルム行きもブダペスト行きも
あなたたちは逃すことになりますから
少なくともこの便に乗ったほうがいいのでは?
この飛行機はあなたたちを待っているのですよ。』
と全く話が通じない。

『ではブダペストにここから直接送りますか。』
というけれど、
ほんの数日前、たかだか国内の移動に三日もかかったのだから信用できない。

私たちにとってはブダペストも経由地のひとつで2日ほど滞在したら
ヨルダンからイエメンに入ることを告げると

『あなたたちがそんなに動き回るのであれば仕方ありませんね。
私は何も約束できません。イエメンにでも送りますか。』
と信じられない応対。
(イエメンになんて飛行機を飛ばしていないくせに!)

ここまで来ると、この人がすごく嫌な人に思えてくる。

とにかく荷物を積むことに全力を尽くすこと、
無理であれば必ず明日ブダペストに届けることを言うと
いいから早く乗れとばかりにせかして、
仕方なく私たちは搭乗した。


しかし、今考えてみればこれが彼女の作戦だったのだ。

ストックホルムについても、もちろん荷物は出てこず、
フィンランドエアーのカウンターさえない。
(フライトアテンダントまで、ストックホルムにはカウンターがあるからと言ってたのに。)
とにかく人さえ乗せてしまえば、損害賠償もないということ。


仕方なくロストバゲージのカウンターに行き事情を説明すると、
今ヘルシンキにある荷物を直接ブダペストに届けるのは不可能だという返答が。

フィンランドエアーのスタッフがそう言ったんだと伝えると

一言、

『彼らは嘘をついたんだ。』と驚くべき答えが。


『フィンランドエアーのオフィスは、実はここにはもうないのです。
ずっとストをしていて、オフィスを閉めて、従業員も解雇されています。
もうフィンランドエアーはヘルシンキにしかない。
話をするにはヘルシンキのオフィスに電話かメールをするしかない。
私は何もしてあげられないんだ。』
という始末。

ロロの顔が珍しく怒りで歪んで、
ありえない!とふたりでカウンターにしがみついても何も変わらなかった。

もう、いい加減にしてほしい。
経由便を飛ばしているくせに、荷物も積めないなんて
そんなバカな会社がフィンランドの国の航空会社なの?

インドでも南米でもない
北欧で、こんなふざけた事故にあうなんて。

『彼らは嘘をついたんだ』で通ってしまうのが北欧なんだとしたら
インドの方がマシかもしれない。

ベルトコンベアの周りに散乱した、引き取り手のない荷物の山

この荷物の持ち主だって、今頃心配しているにちがいない、
それなのに、誰も何も全く片付けようとしていない、ほったらかしだ。

そう思ったら、悔しくて悔しくて、
ロロはストックホルムの空港でフィンランドエアーのポスターを見つけて叫んでしまいました。

私としては、こうして文字にしたほうが落ち着けるので
「もう返ってこないかもしれない、
少なくともイエメンくらいまでは、荷物も着替えもないまま
なんとか旅を続けなくてはいけない。」という不安と苛立ちを
ふたりでなんとか消化している感じです。

とりあえず、この場にふたりで良かったね、
ひとりだったら誰にも話せないし、爆発しちゃうところだったね
と励ましあいつつ・・・

もう、フィンランドエア、最悪です!!!




とても長くなってすみませんでした。
明日からはまた、荷物がなくても楽しい旅を続けられるよう頑張ります







最後まで読んでいただき、ありがとうございます

世界一周ランキング3位以内を目指し日々頑張っております
↓↓↓引き続き、1日1回ワンクリック★今日もよろしくお願いします↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村
↑↑↑『拍手』ボタンではなく、こちらのマークをクリックお願いします↑↑↑




スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ
ジャンル: 海外情報

はっきり★オーロラが!! 荷物が100%届かない航空会社!?

ロロ&ロラです★私たちのブログに遊びに来て頂き、ありがとうございます

私たちは、積極的にランキングに参加しています
こちらのマークを にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 『ポチッ』 と、クリック頂けると幸いです★

にほんブログ村★世界一周ランキング へ移動し、ランキングが上ります

夜景

ラップランド・スカイ・ホテルのオーロラ観測用のテラスからの夜景(まさるさん撮影)


テルヴェ(フィンランド語の挨拶)、
北欧に来て以来、
おでこのホクロが成長してきている気がして不安なロロです。
(何故か、腫れてきて、触っていたら少し血が出てきました。)


オーロラチャレンジ1回目は、
寒空の中、
約2時間半粘ったにも関わらず(途中、休憩を入れつつ)
失敗に終わりましたが、


最後のチャンスとなった
オーロラチャレンジ2回目ですが・・・

結果は・・・

なんと、大成功★


チャレンジ開始から約30分、
周りが少しざわめきだし、同じ方向を目を凝らしてみると、
薄い緑色の何かがぼんやり見えたかと思うと、
みるみる内に色が濃くなり、
はっきりと、美しいオーロラの姿を見る事が出来ました!!

早速、
写真にしようと、
カメラを向けるも、オーロラの光に反応せず、シャッターが切れません。

すると、
親切な日本人の方が、
(まさるさん&ひろこさん)
三脚を貸して下さり、
更に、カメラの設定を変えて下さり、
なんとか、オーロラを写真に収める事に成功★

しかし、写りがイマイチだったので、
更に、まさるさん&ひろこさんに甘えて、
オーロラのベストショットを頂きました★

オーロラ

緑色のカーテン状のオーロラ(まさるさん撮影)


普通はなかなか
キレイに写真に収める事が出来ないオーロラですが、
特別なレンズで、撮影設定もしっかり整え、
三脚や特別な撮影スイッチを使い、これだけの写真を撮る事が出来ます。

オーロラチャレンジは奥が深いです。。。


まさるさんとひろこさん

新婚旅行中のまさるさん&ひろこさん


更に、
ロヴァニエミで売っている“世界一まずい飴”を下さったり、
タクシーに途中まで乗せて下さったり、
ホッカイロを頂いたり、
更に、飛行機の機材等の裏話をして下さったり、
沢山お世話になりました★

更に、お2人は日本旅行を沢山していて、
色々な日本一を知っていらっしゃり、
『次は、日本各地を旅したいね★』と言っている自分たちにとって、
とても心強い、素晴らしい出会いになりました。

お2人との出会いに感謝感謝です。



そして、
今日は、ロヴァニエミの市内観光に出かけました。


まず、
最初の目的地に向っていると・・・
とてもかわいい光景を目にしました★

ソリで運ぶ

ソリで運ばれる子どもたち、後ろの青い服の夫婦も子どもたちを引いています


そして、
最初の目的地へ無事到着!!

マック

そうです、マックです★


日本では、なかなか行くことのない2人ですが、
ここに来るのには理由があります。

最北マック

それは、世界最北にあるマックだからです

流石に
世界最北のマックだけに、
お客さんの数も半端ないです。
そして、みな次々と店内や店外で写真を撮っていました。


次に、
アルクティクム(民族博物館)へと向かいました。

館内には
様々な仕掛けの展示があり、
自分はかなりはしゃいでしまいました★

いくつか、以下に紹介します。

まず、
オーロラの映像を仰向けに寝転んで見れる場所が・・・

寝てる

単純にみな気持ちよく寝ています


そして、

窓の外を覗くと・・・

白熊

白熊が・・・

白熊2

窓をたたくと逃げていきます

本当に、窓の外にいる感じで楽しいです。


白熊と外で遭遇してしまうと・・・

白熊に襲われました

きっと、イチコロです


ついでに、

白熊以外にも熊が・・・

クマに襲われた

この博物館の剥製や毛皮はリアルです


北極で外に出ていると
こんな大変な事に・・・

凍っちゃいます

なんでもかんでも凍ってしまいます


自分らもオーロラを見るために外に出て
部屋に戻って鏡を見ると、
ここまでではないですが、眉毛やマスク等は凍っていました★


他にも、
民族の歴史や文化に関する展示が沢山あり、
4、5時間は楽しめる、おすすめスポットでした★



最後に重大ニュースが・・・


次回、ローラが詳細をアップしますが、

行きのフライト:ストックホルム→ヘルシンキ→ロヴァニエミ
で、自分たちの荷物がヘルシンキからロヴァニエミに届かず、
3日間、手荷物だけでの生活を強いられた自分たちですが・・・

帰りのフライト:ロヴァニエミ→ヘルシンキ→ストックホルム
でも、荷物がまた届きませんでした!!!



しかも、ここからは
明日にハンガリー、
3日後にはヨルダン
4日後にはイエメンと急ピッチで旅が進みます!!


きっと、
旅の荷物の大部分を占める預け荷物はイエメンまで届かないでしょう。。。

ということで、しばらくは手荷物のみでの世界一周旅行です★
(正直、もう一生戻ってこない可能性も・・・)

荷物これだけ

世界一(?)荷物の少ない世界一周旅行にチャレンジ★(笑)


みなさん、
フィンランド航空の経由便は
100%(自分たちの経験上)荷物がなくなるので注意して下さい。。。。








最後まで読んでいただき、ありがとうございます

世界一周ランキング3位以内を目指し日々頑張っております
↓↓↓引き続き、1日1回ワンクリック★今日もよろしくお願いします↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村
↑↑↑『拍手』ボタンではなく、こちらのマークをクリックお願いします↑↑↑




テーマ: ヨーロッパ
ジャンル: 海外情報

マイナス30度!★北極圏での一日★

ロロ&ロラです★私たちのブログに遊びに来て頂き、ありがとうございます

私たちは、積極的にランキングに参加しています
こちらのマークを にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 1日1回『ポチッ』と、クリック頂けると幸いです★

にほんブログ村★世界一周ランキング へ移動し、ランキングが上ります

はれ
ここに来て初めての青空★今日はオーロラが見えるかも?


こんにちはローラです。

今、私がこれを書いているホテルのロビーでは、
たくさんの人が思い思いに時間を過ごしています。

となりのおじさんおばさんたちはトランプ中
雪景色を見ながらおしゃべり中のカップルや、
暖炉の前でうとうとしているおじさん・・・などなど

とっても寒いので、
できれば室内で、のんびり過したいというのが大人の本音のようです。



外は真っ白な雪景色で
昨晩オーロラを見るために夜中までねばった私たちが起きるころには
ホテルの朝ごはんビュッフェは終ってしまっていて
がっかりしたので、二度寝してしまいました

ここでの滞在の一番の目的はオーロラだから・・と言い訳して
北欧に入ってから、かなりスローな私たちです


そんなわけで起きたら既に時計は12時を回っていましたが
ここ、北極圏ではそのくらいに日の出・・・
窓の外はきれいな青空が広がっていました。


ゆっくりお茶を飲んで、準備をして外に出ようとしたら・・

-30度

-30度

『ここの温度計は壊れているの?』と思ってしまいましたが
外気温は未知の-30度。。。

そして、のんびりしていたおかげで、もう夕陽が・・・
(日の入り時間13時55分)

夕陽



それでも風の子ロロは、遊ぶ気満々で
ホテルのフロントからソリを貸してもらうと・・

そり

そりで出発です

そり2

結構なスピードが出ます。

そり3

やっぱり転んでしまいました(かわいそう

そり4

でも、懲りないようです。

そり5

こんな乗り方はだめとホテルのフロントに注意書きされていたのに・・・



楽しく遊んだ後は、マイナス30度の寒さを使って実験です。

このあたりでは、外で濡れタオルを振り回すと一瞬で凍ってしまうという話を聞いたので
実際にやってみました



一瞬?だったかはわかりませんが、頑張りました(笑)


一通り遊んでホテルに戻ってくると
昨日一緒に歌ったサンタ・・ではなく、おじさんにばったり


実はペルーの出身ということで
なんだか親近感が湧いてしまい、久々?にスペイン語でちょっとおしゃべり・・

するとおじさんは、
『世界にたったひとり、自分しか出来ない芸があるんだ
と披露してくれることに・・・。

バイオリンを使わずに、バイオリンが弾ける?というおじさんは
これで日本に行くことを夢見ています!



『これはすごい!ぜひうちのホテルで・・』と思った方は
以下のメールアドレスにメールしてあげてください。
josemoncada269@gmail.com




最後まで読んでいただき、ありがとうございます


世界一周ランキング3位以内を目指し日々頑張っております★

↓↓↓引き続き、1日1回ワンクリック★今日もよろしくお願いします↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村
↑↑↑『拍手』ボタンではなく、こちらのマークをクリックお願いします↑↑↑


テーマ: 世界一周
ジャンル: 旅行

サンタさんと日本のクリスマスソングを熱唱!? サンタの街にて

メリークリスマス
ロロ&ロラです★いつも読んでいただき、ありがとうございます

私たちは、ランキングに参加しています
このマークを にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 1日1回クリック頂けると、幸いです★

にほんブログ村★世界一周ランキング へ移動し、ランキングが上ります

松ぼっくりサンタ

松ぼっくりのサンタさんです


メリークリスマス
初めてのホワイトクリスマス(多分)に大興奮のロロです。


今日から
オーロラを求めて、
ラップランドスカイホテルという
街から離れたホテルへ移動しています。


ロヴァニエミでオーロラが見れるのはこのホテルだけという事で、
この旅始まって以来の金額を払っての滞在です!!(約26,000円)

その分、部屋もロビーも素敵なホテルです。

ツリー

クリスマスツリーが5,6本飾ってあります

暖炉

暖炉もあったかくてありがたいです

窓からの風景

部屋の窓は広く、雪景色が一面広がります

サウナ付いてます

更に、2人だけのプライベートサウナも付いています

ライトアップ

夜はライトアップされ、更にきれいな雪景色がみられます


今日は家族連れが多く
ホテル中に子どもが溢れています★

子どもたち用のプレイルームもおもちゃが沢山あり、
更に、外では子どもたちが雪ソリで走り回り、
ツリーの飾り付けをし、ジンジャークッキーに絵を描いています。

くっきー

色鮮やかになったジンジャークッキー


通路を歩いていても
子どもたちが廊下を走り回っていて、
(何故か、裸で歩いている子に2,3人出会いました!!)
クリスマスのワクワク感がホテル全体を包んでいます★


そして、
今日はクリスマスイブという事で、
自分らも奮発して、約12,000円のホテルビュッフェを予約!!

ディナー

ホテル滞在していない人も沢山やってきています

ビュッフェ

ビュッフェは意外に普通ですが・・・


ビュッフェの味はまあまあですが、
これだけ、客が集まっているのには、
他に訳があります。

それは、
7時30分にサンタさんがやってくるというのです!!


サンタさんの到着をわくわくしながら食事をしていると・・・

離れの部屋の隅っこに怪しい影を発見!!

サンタ?

サンタの帽子と赤いベストの男性が奥に


『あれが、サンタさんだったらシャレにならないよね』

と、ローラと話していると・・

男性が近くに来て、
『日本のクリスマスソングを教えてくれないか?』
と話かけてきました!!


とりあえず、あわてんぼうのサンタクロースを教えてみました。

その練習風景がこれです。
(淡々と唄っていて、あまり面白くはないですが・・・)


『急いで、リンリンリン』のくだりからの動画です。




5回程練習を終えると、
『今日は日本人が多いから、日本の歌を歌ったら盛り上がるだろう!!』
と言って、
最初のMCの日本語も教える事に・・・。

どうやら、

彼が今日のサンタさんなのか・・・・。


と、ローラとがっくりしていると

何やら、

入り口の方がざわついてきて・・・


サンタ来た

本物のサンタさんが登場


なんと、
昨日に引き続き
本物のサンタさんに会うことが出来ました★
(本物のサンタは5人いるらしく、昨日の人とは別なので2人目と遭遇です★)

昨日は写真1枚約3,000円でしたが、
今日は自分のカメラで撮り放題です!!


サンタ記念写真

沢山の人と記念写真


写真を何回もお願いしても
帰りがけにまた写真をお願いしても
『もちろん大丈夫だよ。何枚だって写真をとればいいよ★』
と、常に穏やかな優しい声でゆっくりと応えてくれました★

また、子どものみならず、お父さんにも
『恥ずかしがらないで、こっちにおいで』
と手を差し伸べて握手したり、
(このときのお父さんの恥ずかしそうな顔は忘れられません。)

写真を撮ってください、と言ってきた青年に対して
『もちろん!君がどこにいるかなぁって思っていたんだ』
(間違いなく初対面)
と言って応えるなど、サンタさんはやっぱりすごい!!


サンタさんの優しさにローラと2人幸せな気分に浸っていると、


さっきのサンタさんもどきがやって来て、

『さぁ本番だ、一緒に歌うぞ!!』
と、何故か、自分も一緒に歌う事に・・・

改めて、客を良く見てみると
日本人は約4人しかいなく、
果たして“あわてんぼうのサンタクロース”は受け入れられるのか??

『日本のみなさん、日本の歌を歌います。よい、クリスマスを』
と、MCを終え、唄を歌い始めると・・

暗い動画で、イマイチですが、
最初の歌いだしだけですが、グダグダ感は確実に伝わると思います。




メロディーはもはや、めちゃくちゃで、
日本人でも、わかるかわからないか
という歌になってしまいましたが・・・

お客さんの温かい拍手でなんとか終了★

お客さんのやさしい心に感謝です!!


そして、
彼の本業のハープ(?)の演奏が始まると、
さっきの日本の歌とは大違いで、
とても洗練された美しい音色が響き、
レストランはまた、いいムードに戻りました★

すると、
その内子どもたちが回りに集まり・・・

これが、セッションだ!!

演奏している途中にも関わらず、子どもたちもハープを鳴らします


流石に、
演奏を子どもたちに邪魔され、
怒るんじゃないかと心配していると・・・・

自分の方を向き、

『これぞ、クリスマスセッションだ!!』
(子どもたちと一緒に演奏をしているという事)
と、最高の笑顔を見せてくれました★





最後まで読んでいただき、ありがとうございます

世界一周ブログランキングの最高位5位に更新しました!!( 467ブログ中)
ご協力&応援頂き、ありがとうございます★

ありがたい事に10位以内に入る事ができましたので、
コメントを頂いている方からアミダで7名を抽選させて頂きました★
大したもではありませんが、7名の方には年明け以降に世界の土産が届くと思います★
次は、ベスト3を目指し頑張りたいと思います


↓↓↓引き続き、1日1回ワンクリック今日もよろしくお願いします↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村
↑↑↑こちらのマークをクリックお願いします↑↑↑



テーマ: 世界一周
ジャンル: 旅行

♪サンタクロースの町のクリスマス♪

メリークリスマス
ロロ&ロラです★いつも読んでいただき、ありがとうございます

私たちは、ランキングに参加しています
このマークを にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 1日1回クリック頂けると、幸いです★

にほんブログ村★世界一周ランキング へ移動し、ランキングが上ります

さんた出発

メリークリスマス
超寒がりなのに、好奇心でうっかり北極圏にまで来てしまったローラです。


今わたしたちが滞在しているフィンランドのロヴァニエミは
ヘルシンキから北に約830km
ラップランドの玄関口とも言える町で

実はここ
サンタクロースが住んでいることでも有名な町です


今日はクリスマス直前、お忙しいであろうサンタさんに
直撃(!?)してきました!


ロヴァニエミ市内からサンタさんの住む家へ
バスで森の中を走ること30分・・・

雪に包まれた深い森の中に、サンタさんのお家はありました。

さんたのいえ


いつか絵本で見たサンタさんのお家そっくりな、
イメージ通りの・・・と言いたいところですが、
『サンタクロース村』という名前で、お家の他におみやげ屋さんがいっぱい・・・


それもそのはず、ここは
世界中からたくさんの人が訪れる、フィンランドを代表する見所のひとつなのです。

北極


おまけにここは、北極圏の境界線( Arctic Circle )にあたる場所
サンタクロースの村の敷地内には、こんな看板があります。

せん

境界線が引いてあります。


東京まで7340kmという表示もあって、
もちろん、トナカイさんもスタンバイされていました。

となかいと

出発前(?)のトナカイさんと


さらに進んで行くと、小人さんたちに会いました。

こびとにあった

サンタさんのお手伝い(おもちゃを作ったり)は
小人さんのお仕事のようです。


そしていよいよサンタさんのオフィスへと向うと・・・

温かいお部屋の真ん中で、イスに座ったサンタさんが迎えてくれました。

さんたさんと2


身長が2mくらいありそうなサンタさん
握手してくれた手は、すごく大きくて温かかったです。



室内は撮影禁止で、部屋を出たところで
サンタさんと撮った写真を1枚25ユーロ(約3000円)で売りつけられたり
サンタさんに「何歳ですか?」と尋ねたら、
『もうすぐ400歳になるよー』と言われたり(笑)、
ちょっと商業的な感じは否めませんが
クリスマス気分いっぱいのサンタクロース村は良い思い出になりました


きっと今頃は、世界中の子どもたちに届けるために
たくさんのプレゼントを大きな袋につめこんでいるところかな・・?

つめる


今日のおまけ

サンタクロースの村の中には
子どもたちが遊べる場所がたくさん

雪で出来た滑り台もあり、さっそく滑ってみることに・・

滑り台

外の気温はマイナス13度
それでも子どもとロロは風の子でした

あと

『雪だらけ』になったつもりのロロ
実際には、写真でみてわかるとおり、雪はちょっとしかついていません。。


皆様と皆様の大切な人たちのクリスマスが、幸せで温かい日でありますように。
☆メリークリスマス☆




最後まで読んでいただき、ありがとうございます

世界一周ブログランキングの最高位5位に更新しました!!( 467ブログ中)
ご協力&応援頂き、ありがとうございます★

ありがたい事に10位以内に入る事ができましたので、
コメントを頂いている方からアミダで7名を抽選させて頂きました★
大したもではありませんが、7名の方には年明け以降に世界の土産が届くと思います★
次は、ベスト3を目指し頑張りたいと思います


↓↓↓引き続き、1日1回ワンクリック今日もよろしくお願いします↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村
↑↑↑こちらのマークをクリックお願いします↑↑↑




テーマ: 世界一周
ジャンル: 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。