プロフィール

rororora

Author:rororora
ロロ (33) & ローラ (31) です☆
2010年3月、念願の世界一周ハネムーンから無事帰国、2011年6月に赤ちゃんが生まれました♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お得に?スペシャルフライト♪ナスカの地上絵

ロロ&ロラです★いつも読んでいただき、ありがとうございます

私たちは、ランキングに参加しています
このマークを にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 1日1回クリック頂けると幸いです★

にほんブログ村★世界一周ランキング  へ移動します★


晴天


久々に、灼熱の太陽が照りつける街の陽炎を見ながら、
そういえば南米に来る前までのイメージはこんなだったなぁと
出発前、あれこれと思い巡らせていた時間を思い出しているローラです


砂漠の中のオアシス、ワカチナを出発し
私たちが次に目指したのはナスカ

こちらも砂漠の中で、とても暑く、雨なんか一年に一時間も降らないよーと
陽気なタクシーの運転手さんのはなし。。

基本的に、寒いのが超超苦手、
好きな場所も、断然暖かい(暑い?)ところの方が多い私。

今回の旅では日程上、削らざるをえなかったアジアの国々も大好き

そんな大好きな常夏の国を思わせてくれる、ここナスカは
世界的に知られている街にも関わらず、はじめはその小ささに驚いた。

ホテルもレストランも数える程しかなく、舗装されている道は
メインロード一本のみ。
このメインロードですら、多分5分もあれば歩ききれてしまう短さ。


でも、そんなナスカは、きっと私がマチュピチュよりも先にその存在を知った街だ。
ナスカの地上絵。
きっと、ずっと幼いときに、この存在を知ったと思う。


飛行機

ナスカの地上絵を見るために、朝8時に空港へ行くと
小さなプロペラ機が私たちを待っていた。

パイロットも入れて6人しか乗れない小さな機体に少し不安になりながら乗り込むと、
パイロットのマニュエルさんがフライトのスケジュールを教えてくれた。

パイロット

今回私たちが申し込んだフライトはスペシャルフライト
特にそうしたかったというよりは、人数調整のためエコノミーフライトと同じ金額だから
ということが大きかったけれど、
このスペシャルフライトの特徴は、

①少人数で全員がウィンドウシート
②全ての地上絵を右回りと左回りで見せてくれる

というもの。

一応酔い止めは飲み、朝ごはんも食べずに挑んだ私たち。。

が、しかし・・・

飛行機が最初の地上絵に差し掛かり、
マニュエルさんが、『ほら、右側に見えるのがくじらだよ。』
と教えてくれて、写真を撮ろうと覗き込んだその瞬間、

ぐるんっと音を立てて、目が回るのがわかった。


くも

くもの絵(わかるかな??)

結局、酔い止めの効果も虚しく、一瞬で顔色は真っ青

もはや一ミリの余裕もなく、マニュエルさんが振り返って何を教えてくれても
反応できない私。。
もちろん写真など撮れるわけもなく、すぐにロロにカメラを渡してなるべく前を見るのみ


さる

しっぽのぐるぐるがカワイイさるの絵

こんどる

優雅なコンドルの絵

宇宙人

愛嬌のある宇宙人の絵(これだけは山の斜面に書かれていた)

き

隣にある観測台からその大きさがわかる木の絵


とにかく必死に、なんとか35分のフライト中あまり頭を動かさないよう心がけた。

最後にはマニュエルさんが『よし、これが最後の絵だ!』と言って
私を振り返ってくれた。(笑)

こんな仕事は絶対にできないなぁと心底思い、マニュエルさんに尊敬の念が湧いた。

憧れのナスカの地上絵は、意外に過酷なフライトでした(笑)


最後

フライトを終え、パイロットのマニュエルさんと一緒に



今日のおまけ

先回のワカチナでのサンドバギーツアーのとき、
ボードをつむ作業を手伝っているイスラエル人の女性がいた。

グラシアス、とドライバーのおじさんが言うと

ノン・プロブレム、と少し息を切らしながら応えていた。

そういえば、私たちが最後にバギーに乗り込んだとき、
一列に3人座れる席はほとんど埋まっていたけれど、
その女の人と彼が、前から詰めて前後に座ってくれていたおかげで
私たちは最後に行ったのにもかかわらず、二人並んで座ることができた。


旅をしていると、いろんなカップルに出会う。

結構みんなラブラブだし(人前でも)くっついていることが多い気がする。

それはそれでよい事だし、幸せそうな人たちを見ると
こちらまでハッピーにしてもらったりする。

でも、この二人の冷静で穏やかで、周りが見えている感じもすてきに思えた。

夜、レストランに行くと、彼らがいて
彼は大きなテレビの前に立ちサッカーの試合を見ていて

彼女はその近くのカウンターで本を読んでいた。

別々のことをしていても
言葉を交わしていなくても
同じ空間を共有して、二人の時間が静かに流れているような気がした。


当たり前のことだけれど、
私たちに用意された道はひとつじゃないんだ。


かめさん


最後まで読んでいただき、ありがとうございます

世界一周ブログランキングの最高位14位に更新しました!!( 440ブログ中)
ご協力&応援頂き、ありがとうございます★
10位以内に入った暁には、コメントをいただいている方から抽選で世界の土産をお届けします

↓↓↓そんなわけで、1日1回ワンクリック今日もよろしくお願いします↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村





スポンサーサイト

テーマ: 世界一周
ジャンル: 旅行

コメント

地上絵

折角 酔い止めも飲んで 楽しみにしていたのに…
残念無念…高度が高いせいも関係してるのかな?
後半は 我慢のフライトで大変だったんだ。
ゆっくり身体を休めて下さい。

所で 一番下の写真に写ってる動物は?

Re: 地上絵

>ローマさん

地上絵フライトは・・うわさには9割の方が酔うらしいですv-12
酔い止めの効果は一瞬で消え去ったかに思われましたが
朝食はほんとうに食べなくて良かった、と思いましたv-356

ちなみに最後の写真はホテルで飼われていた陸ガメさんとイスラエル人の女の子です★

リクガメ

フライトで 9割がた酔う…ふぅ~…ローマもきっとダメだなぁ~

リクガメに見えなくて ローねと「アルマジロ??」と。
お腹を こんなに上げて歩いてるんだ。
日本の短い手足のカメじゃないから 障害物も何のそので 乗り越えて行くのね。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。